いろんな関節痛を治したい|関節痛総合サイト

関節痛と膝に効果的なサプリメントの関係とは?

「座った姿勢から立ち上がる瞬間に膝に激痛が…。」

 

関節痛は慢性化してしまうと本当につらいですよね。冬の寒い時期には特に膝の関節痛がひどい…とお悩みん方も多いのではないでしょうか。

 

薬局やドラッグストアに行くと膝の関節痛には効果のあるサプリメントなどがたくさん売っていますが、ひとことで「関節痛」とはいっても原因は様々です。

 

まずはご自分の膝の痛みの原因を正しく理解してから効果が見込めるサプリメントを選択するのが大切です。

 

 

膝の関節痛の原因とは?

 

膝の関節痛の原因としては、膝の骨と骨の間にある関節軟骨(骨同士の間にあってクッションの役割を果たす柔らかい骨のことです)が磨り減ってしまっている可能性があげられます。

 

関節軟骨そのものには神経が通っていないので痛みを生じさせることはないのですが、問題は関節軟骨が少なくなることによって関節の周りの部分(関節包といいます)が引っ張られてその周辺の神経を刺激することがあるのです。

 

関節包周辺の神経が刺激されると刺すようなするどい痛みを感じることがあります。

 

 

膝の痛みはどうしたら治る?

 

膝の痛みがあるときには無理に動かすのは禁物です。

 

テーピングやサポーターを使うと関節の動きをなめらかにして痛みを和らげる効果がありますが、関節の部分が腫れてしまっているような時には炎症を起こしていますのでアイシングなどによって患部を冷やすとより痛みを和らげることができます。

 

膝の痛みは無理に動かさないことが大切ですが、そのまま動かない状態が続いてしまうと筋力がさらに落ちて痛みが慢性化する可能性があります。

 

まずは整形外科を受診して正確な膝の痛みの原因を知ることから始めましょう。

 

 

膝の痛みや関節痛にサプリメントは効果がある?

 

もともと人間の体ではグルコサミンやコンドロイチンといった関節の柔軟性をキープするための成分が作られているのですが、20代をピークにこれらの成分の分泌量はどんどん減っていってしまうと言われています。

 

グルコサミンやコンドロイチンはサプリメントの形で取り入れても効果的ですので、関節痛を根本的に治すためには長期目線でサプリメントを日常生活に取り入れてみるのも一つの手です。

 

 

まとめ

 

以上、膝の関節痛の原因と症状別の対処法について解説させていただきました。

 

医療機関に通う以外の対処法としてはサプリメントを摂ることが考えられますが、サプリメントは薬局でお医者さんの処方箋がなくても購入できるというメリットがある代わりに、自己判断で選ばなくてはならないということがあります。

 

本文で解説させていただいた内容を参考に、ご自分にあった関節痛サプリメントを探してみてくださいね。