いろんな関節痛を治したい|関節痛総合サイト

関節痛の種類はどんなものがある?日頃のケアにサプリメントが効果的?

もう何年も関節痛に悩んでいるけれど、関節痛の種類や原因については実はよくわかっていない…という方も多いのではないでしょうか。

 

関節痛は自然な老化現象として現れることも少なくないため、なんとなく諦めてしまっているという方も少なくないでしょう。

 

ですが、関節痛は原因や種類を正しく把握して適切な改善策をとれば症状がかなり軽減されることもあります。

 

ここでは関節痛の種類や対処法について解説させていただきます。

 

現在、膝や腕の関節痛にお悩みの方はぜひ参考にしてみてくださいね。

 

 

関節痛にはどんな種類がある?

 

関節痛の原因はさまざまな種類があります。以下、代表的な関節痛の種類について解説させていただきます。

 

変形性関節症

 

関節の保水力が失われることによって軟骨が磨り減り、体を動かすたびに痛みが出るのが変形性関節症です。

 

関節の部分が体の左右で非対称になるなど、見た目にも現れやすいのが変形性関節症の特徴です。

 

一度変形してしまった関節を元に戻すのは困難であるため、日頃から運動したり、サプリメントをとったりすることによって関節の柔軟性をキープすることを意識しておくことが大切です。

 

化膿性関節炎

 

化膿性関節炎は、皮膚を怪我した時などに細菌が体内に入り、関節などの部位で炎症を起こすことが原因で生じる病気です。

 

関節が赤く腫れ上がったり、強い痛みが出たりするのが化膿性関節炎の特徴です。

 

化膿性関節炎の治療は基本的に関節にたまった膿(うみ)吸い出す作業を行った上で、抗生物質の投与などにより経過を見ることが多いです。

 

それでも経過が悪い時には手術によって炎症している部分の組織を取り除く処置を行うことがあります。

 

関節リウマチ

 

関節リウマチは、本来は外敵に対して働くはずの免疫機能がなんらかの原因によって異常を起こし、自分自身の関節に対して働いてしまう状態をいいます。

 

関節リウマチの症状としては関節痛(手の関節痛に現れることが特に多いです)、関節のこわばり、微熱やだるさなどの形で現れることがあります。

 

女性に発症する人が多いのも関節リウマチの特徴です。

 

関節リウマチの治療は抗リウマチ薬やステロイド薬などの投与治療が中心となります。

 

 

まとめ

 

以上、関節痛の種類と原因ごとの対処法について解説させていただきました。

 

関節痛の対策としては医療機関にかかる以外の方法であればサプリメントを日常的に摂取することが考えられます。

 

サプリメントは日常生活に簡単に取り入れることができる分、ご自分の症状の原因にあったものを選ぶことが大切です。

 

本文で解説させていただいた関節痛の種類と原因を参考に、サプリメントを選んでみてくださいね。