いろんな関節痛を治したい|関節痛総合サイト

関節痛の原因と改善策

年齢を重ねるごとに関節の痛みが気になるようになってきた…。

 

「年をとったから仕方がないかな」と我慢してしまっているという人も少なくないかもしれませんね。

 

ですが、関節痛は症状が気になり出した段階でケアをすることで痛みをかなり和らげることができます。

 

関節痛の対策をとるのは早ければ早いほど良いといえますので、気になっているという方は早めに改善策を模索しておくことが大切です。

 

ここでは関節痛の原因と改善策について解説させていただきます。

 

 

まずは原因を特定することから

 

関節痛の原因は大きく分けて以下の3つが挙げられます。

 

ご自分の症状に当てはめた上で痛みがひどい場合には医療機関を受診するようにしましょう。

 

 

関節リウマチ

 

関節痛の原因として女性に多いのは関節リウマチです。

 

関節リウマチは本来は外敵に対して働くはずの免疫機能が、何らかの異常によって体の内部(関節)に対して働いてしまっている状態をいいます。

 

関節リウマチに関しては整形外科や内科を受診して早めに対策をとることが大切です。

 

治療方法としては内服薬の処方や手術やリハビリを選択することになるケースもあります。

 

変形性関節症

 

年齢を重ねるとともに関節が磨り減ることで膝や指が曲がっているような症状が現れることがあります。これを変形性関節症と言います。

 

変形性関節症は膝関節や股関節、指の関節などに現れることが多いです。

 

痛みがひどい場合には消炎鎮痛剤などの炎症を抑えるタイプの内服薬を取るのが適切です。

 

また、変形性関節症は数年間放置していることで痛みはなくなることが多いですが、一度変形してしまった関節の形を元に戻すのは難しいと言えます。

 

若い時と比べて関節の形が変わってきたという自覚症状のある方は早めに対策をとるようにしましょう。

 

感染性関節炎

 

熱があるときには関節がひどく痛む経験をした方は多いでしょう。

 

このような細菌やウイルスによって起こる関節の炎症のことを感染性関節炎といいます。

 

医療機関を受診した場合には検査を行った上で抗生物質を投与した上で外科手術が必要になることもあります。

 

 

 

まとめ

 

今回は、関節痛の原因とそれぞれの改善策について解説させていただきました。

 

ひとことに関節痛と言っても、原因はたくさんあります。

 

その原因にあった改善策を選択しなければ当然関節痛をやわらげる効果を得ることはできませんので、まずは「自分の関節痛の原因はなんなのだろうか?」ということを正しく把握することが大切です。

 

本文で紹介した関節痛の原因別の症状を参考にしていただき、ご自分にあった治療方法を選択するようにしてくださいね。