プロテオグリカンって?関節痛に効果が期待できる成分

プロテオグリカンって?関節痛に効果が期待できる成分

関節痛 プロテオグリカン

 

 

「関節痛にはプロテオグリカンが効果がある」

 

テレビやラジオのCMでサプリメントの宣伝を見てなんとなく気になっているという方も多いのではないでしょうか。

 

実際、プロテオグリカンはサプリメントの形で摂取することで軟骨を増やしてくれる効果が報告されています。

 

ここではプロテオグリカンが関節痛をやわらげてくれる仕組みについて解説させていただきます。

 

現在関節痛にお悩みの方はぜひ参考にしてみてくださいね。

 

 

プロテオグリカンとはどういうもの?

 

プロテオグリカンは、もともと関節の軟骨の部分に含まれている成分で、体の各部の保水力を高める働きがあります。

 

関節は骨と骨のクッションの役割を持っていますので、この保水力がキープされていることが重要になります。

 

ですが、プロテオグリカンは加齢によって体内で生成される量が少なくなっていくという特徴があります。

 

現在、関節の痛みに悩んでいるという方は体内で生成されるプロテオグリカンの量が少なくなり、関節の水分が少なくなって骨同士がギシギシとこすれあっているのが原因かもしれません。

 

 

軟骨細胞の再生を促すプロテオグリカン

 

人間の関節にはクッションの役割を果たす軟骨があります。

 

年齢を重ねるとこの軟骨がどんどん磨り減って行ってしまうのですが、一度少なくなってしまった軟骨細胞は自然に再生するのは難しいと言われています。

 

プロテオグリカンをサプリメントなどの形で日常的にとるようにすると、この軟骨細胞の再生が促される可能性があります。

 

軟骨細胞が再生すると軟骨の分泌量が多くなりますので、骨同士の摩擦も少なくなり、関節痛の痛みがやわらぎます。

 

 

グルコサミンやコンドロイチンとプロテオグリカンの関係

 

関節痛に効くサプリメントとしてはグルコサミンやコンドロイチンが有名ですよね。

 

ですが、これらのグルコサミンやコンドロイチンは最終的にプロテオグリカンを生成する材料となります。

 

わざわざグルコサミンやコンドロイチンをサプリメントで摂取するよりも、直接的にプロテオグリカンをとればいいのでは?と思われた方も多いかもしれませんね。

 

もちろん、それは間違いではないのですが、最近まではプロテオグリカンを安価で抽出してサプリメントの形にするのは技術的に難しいといわれていたんです。

 

プロテオグリカン配合のサプリメントが比較的最近になるまで市場に出回っていなかったのには技術的な問題があったということですね。

 

現在ではプロテオグリカンが主成分となっているサプリメントも安くで出回っているので選択する価値はあると言えます。

 

 

まとめ

 

今回は、関節痛の原因とプロテオグリカンの効果について解説させていただきました。

 

プロテオグリカンは関節のクッションとなる軟骨を増やす効果が見込める、現在注目されている成分です。

 

プロテオグリカンを含むサプリメントを日常的にとることで関節痛が劇的に改善したという報告も多く寄せられていますね。

 

現在関節の痛みにお悩みの方はプロテオグリカン配合のサプリメントを選択肢に入れることも検討してみてください。