いろんな関節痛を治したい|関節痛総合サイト

年齢による関節痛にグルコサミン!

年齢を重ねると、膝や腕などの関節痛にお悩みの方も多くなっていきます。

 

「自然な老化現象だから…」などと放置してしまうと、場合によっては痛みがどんどんひどくなてしまうこともありますので注意して下さい。

 

関節痛を改善するためには原因を正しく把握した上で適切な改善策を選択することが大切です。

 

ここでは、関節痛の原因と、関節痛に効果が高いと言われているグルコサミンの働きについて解説させていただきます。

 

 

なぜグルコサミンが間接痛に効く?

 

グルコサミンは体の軟骨細胞の再生を促す働きがあるといわれています。

 

人間の骨同士の間には、柔らかい軟骨がありクッションの役割を果たしているのですが、年齢とともにこの軟骨が磨り減ってしまうことで骨同士の潤滑が悪くなり、体を動かすたびにきしきしと軋みあって痛みが生じるのが関節痛の原因となることがあります。

 

グルコサミンはこの軟骨細胞の再生を促し、骨同士がスムーズに連動するようにするのを助けてくれます。

 

グルコサミンは、特に変形性関節症の痛みをやわらげるのに高い効果が期待できるとされます。

 

 

グルコサミンの摂取量と副作用

 

グルコサミンはもともと人間の体の中でも作られる成分ですので、副作用が出るケースはまれといえます。

 

ただし、1日にとるグルコサミンの適量は1500mg程度と言われていますが、実際にサプリメントでグルコサミンを日常的にとるのであれば説明書の指示に従うようにしましょう。

 

グルコサミンを多く取りすぎてしまうと胃痛や胸焼けなど、消化器系の不調を引き起こす可能性がありますので注意が必要です。

 

グルコサミンを効果的に摂取するには?

 

グルコサミンはもともと体の中でも作られる成分ですが、20代をピークにどんどん精製量は減っていってしまうと言われています。

 

グルコサミンを多く含む食品としてはうなぎや山芋が知られているものの、日常に食べられる食品から十分な量のグルコサミンを摂取するのは難しいというのが実情です。

 

グルコサミンを効果的に日常生活に取り入れるのであればやはりグルコサミン配合のサプリメントを選ぶのが良いです。

 

まとめ

 

今回は、関節痛とグルコサミンの関係について解説させていただきました。

 

グルコサミンは正しい摂取量を日常的にとるようにすれば関節痛をかなりやわらげてくれる効果が報告されています。

 

関節痛の原因は人によって様々であるため、すべての人に効果があるということはいえませんが、関節痛対策の選択肢の一つとしてグルコサミン配合のサプリメントを選んでみる価値はあるかもしれません。

 

現在、関節痛にお悩みの方は参考にしてみてくださいね。